ドライブレコーダーの基礎知識

  1. トップページ
  2. ドライブレコーダーの基礎知識

ドライブレコーダー使用イメージ

ドライブレコーダーは、映像・音声などを記録する自動車用の車載装置のことです。 もしもの事故の際の記録はもちろん、旅行の際の思い出としてドライブの映像を楽しむことができます。

ドライブレコーダーの主な機能

  • 録画機能

    ドライブレコーダーは、ドライブ中の映像を録画・保存する機能があります。ドライブレコーダーの基本機能です。

  • 録音機能

    映像と共に録音ができるドライブレコーダーもあります。

  • 速度・GPSデータ記録機能

    映像記録と共に、車の速度やGPS情報などを計測・記録できるドライブレコーダーもあります。映像だけでなく、様々なデータを取得できて便利です。

  • G(加速度)センサー記録機能

    衝撃が加わったときの前後の映像を自動的に専用フォルダーに記録できるドライブレコーダーもあります。

  • 静止画撮影・保存機能

    動画だけでなく、静止画も撮影できるドライブレコーダーもあります。

ドライブレコーダーはどんなタイミングで記録しているの?

ドライブレコーダーの主な機能は、運転中の画像・映像を記録することですが、一般的なドライブレコーダーは、主に2つの記録タイプがあります。それぞれの記録タイプの方法、特徴を比べてみましょう。

1.常時録画タイプ

車両の動作に関係なく、連続して映像を記録するタイプのドライブレコーダーです。ユピテルの常時録画タイプのドライブレコーダーは、エンジンをかけると自動的に録画を開始し、常に最新の映像を記録し続けることができます。

※上記は2時間以上記録できる場合となります。
録画可能時間は画質設定や使用するSDカードの容量によって異なります。

2.イベント記録(衝撃感知・任意録画)タイプ

イベント記録タイプは、車に衝撃が加わったとき(事故の衝突の際や、急ブレーキなど)に、自動的に映像を記録するドライブレコーダーです。
衝撃が加わったときの前後の映像を自動的に記録することで、もしもの事故の際もしっかりと映像を残すことができます。
また、録画ボタン等で任意のタイミングで記録が可能なタイプのドライブレコーダーもあります。

ユピテルのドライブレコーダーは「常時録画」と「イベント記録」のハイブリッド

イベント記録タイプのドライブレコーダーは、設定にもよりますが、軽微な衝撃時に記録ができないことがあります。ユピテルのドライブレコーダーは、そのような場合の撮り逃がしがないように、エンジン始動に連動して録画を自動的に開始する「常時録画」方式を採用しています。
さらに、ユピテルのドライブレコーダーのほとんどのモデルには、「イベント記録ボタン」が設けられており、任意のタイミングで記録が可能です。また、Gセンサー(加速度センサー)を搭載しているモデルでは、常時録画に加えて衝撃を感知した際にも自動的に録画する(記録した映像を上書き禁止にする)設定が可能です。

ドライブレコーダーを取り付けるメリット

ドライブレコーダー活用事例

ユピテルのドライブレコーダー製品一覧

Yupiteruドライブレコーダー 人気モデルを特別価格で販売中!
1000円割引

会員登録(無料)すると、表示価格より1000円引*でご購入できます。

My Yupiteru 新規会員登録

  • *「Yupiteruダイレクト」からのご注文に限り有効
  • *「My Yupiteru」新規会員登録(無料)を行っていただきますと、「Yupiteruダイレクト」ですぐに使える1000ポイントをプレゼントいたします。会員ログイン後、本商品購入時に1000ポイントを使用すると、1000円引きとなります。
  • Yupiteruダイレクト
  • 交通事故時ドライブレコーダー買替補償金制度
  • タイムズクラブ ロードサービス
  • ドライブレコーダー動画投稿サイト ユピドラ
PAGE TOP